今日の姫たちは

  • 今日の姫たちは
2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

☆姫様のお写真☆

  • どうでいっ!
    姫様をよろしくっ(^-^*)/
無料ブログはココログ

« 本物のがったんごっとん なこと。 | トップページ | 茨城紀行だっぺなその② なこと。 »

2007年11月 8日 (木)

茨城紀行だっぺなその① なこと。

後輩の結婚式出席の為、しばらく実家に帰っていました。

姫は初の電車だったんですが、思いのほかスムーズであんまりぐずることもなく、電車を楽しんでいました。

Photo いっちょ前に座席に座ってたりします。

ベビーカーと荷物もあったのでママばあばたちに新宿まで迎えに来てもらったので、楽チンでした。

途中ばあばのリクエストで秋葉原でお買い物。

Photo_2 えらいおもちゃの数で私のほうが大興奮でした。

すごいぞアキバ(笑)

姫もいろんなおもちゃを触れて目がキラキラしておりました。

なんとか無事自宅に到着。心配していた姫の人見知りもまあまあだったんでこれまたホッとしました。

うちで待っていた大ばあばもひさしぶりに見た姫に号泣。涙もろくなったもんです。

初日はこんな感じで終了。

次の日も天気が良かったので散歩に繰り出しました。

Photo_3 関東平野どまんなかなところなんで、な~~~んにもない広々したところです。

散歩の途中で近所の人にあうと

「はぁれ~どこの嫁さんかとおもったら、びばっぷちゃんじゃないのぉ。ひっさしぶりだっぺねぇ~」

と声をかけられて、久しぶりに聞いた茨城弁になんだか妙に安心感を覚えたり。

やっぱり実家っていいもんですなぁ。

若いときはこの方言がイヤでイヤでしょうがなくって、神奈川の短大時代は無理に直してたりしましたが、離れて分かるよさというか今になって実感しています。

あとこっちに来たら必ず買うものがあります。

Photo_4 ジョージアマックスコーヒー!

これはここいら近辺の県にしか販売してないコーヒーなんですが、めっちゃ甘なんです。

昔は缶だったのにボトルになってたのには驚き。

すんごく甘いんですが、時々恋しくなる味なんですよね、これが。

姫も段々環境に慣れてきたらしく、あっちこっちを探索してみたりいたずらしてみたり・・・

長くなるので明日に続く(笑)

にほんブログ村 子育てブログへ

« 本物のがったんごっとん なこと。 | トップページ | 茨城紀行だっぺなその② なこと。 »

「育児」カテゴリの記事

コメント

実家はやっぱり落ち着くでしょうね、そして家族に会うと涙がほろほろ・・・その気持ちもとっても分かります!
大人になって実家からはなれる程実家の良さが身に染みますよね・・・
時々自分の育った田舎で怜青を育てたいって思っちゃいますもの!

茨城なんか~@@びばっぷちゃん
茨城は下妻物語ですこし知りました@w@方言と言えば・・ぼくんとこの方言もかなりですよ^^初めて聞く人は怒ってるようにきこえるらしいです。
姫ちゃんデッカイトトロだね^^うちのトトロ時計みせてあげたいよ~

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
☆怜青ママさんへ☆
ですねぇ。離れて分かる有難さって感じですかね^^
久しぶりに楽しかったです。姫も調子良くって一安心でした♪

☆麟冬さんへ☆
そうなんだよぅ。納豆うまいよwww
下妻物語は実家の前の道路でロケしてたw
方言って面白いよね。日本って広いわぁと感じます。
トトロ時計!?いいなぁいいなぁ。いいなぁ。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

ジョージアマックス!
ウチもありましたよ。千葉なもんで。
あま~いですよね。
昔、缶のころは、缶の絵が上と下で半分づつになってませんでした?半分がジョージア、もう半分がマックスコーヒー!

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
☆minminさんへ☆
ありましたか!マックスコーヒー!
練乳の甘さがこってりでまったりで「うえっ甘っ!!」って感じですが、飲みたくなるんで不思議です(笑)
たしか、16年前くらいは写真のデザインで缶でしたが、それからは半分がジョージアで半分が黄色のマックスコーヒーでしたね。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 本物のがったんごっとん なこと。 | トップページ | 茨城紀行だっぺなその② なこと。 »