今日の姫たちは

  • 今日の姫たちは
2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

☆姫様のお写真☆

  • どうでいっ!
    姫様をよろしくっ(^-^*)/
無料ブログはココログ

« 子供苦手なんです なこと。 | トップページ | 爽やかな汗と恨めしい涙 その2 なこと。 »

2007年6月18日 (月)

家族サービスですゾ なこと。

日曜日、父の日の買い物がてらちょこっと遠出してきました。

まずは滅多に行けない西松屋(笑)

姫のものを購入。

で、父の日の買い物で釣り具屋へ。(パパも便乗でうきうき)

パパじいじも釣りするんで鯉釣りようの小物とかキャップを購入。

で、パパのご要望の川中島合戦地跡へ。

パパは歴史が好きでここにずっと来たい!と言っていたんで、ついでに寄ってきました。

着いたら人、人、人・・・観光バスなんかで団体さんが多かったんですが、

なかに公園になっている場所では芝生があってスポーツする人や、親子連れなんかがたくさんいました。

私たちもここでお昼。

Photo_62 ←気持ちよかったんですが、姫はややぶすくれ気味ヾ(;´▽`A``




ランチも終わり、今度は信玄と謙信の一騎打ち像の前に。

Photo_63 ←人をかきわけ急いで記念撮影。







Photo_64 ←今度は博物館内へ。

とりあえず記念撮影。(笑)

いろんなパネルの展示やら、スクリーンでの映画チックなもんやらなかなか楽しかったです。

でも一番私が気になったのは、最後に飾られてた『風林火山』キャストのサイン。

あぁ、ガックンのサインがある、欲しいなぁ(☆∀☆)キラーン


Photo_65 ←最後は外の巨大勘助の前にて。

内野さんもかっくいいなぁ~♪

館内では話しかけられない限り泣かなかった姫。

もう少し人なれしないとだめだなぁ。ほんと・・・

疲れましたが、楽しかった一日でした^^

にほんブログ村 子育てブログへ

« 子供苦手なんです なこと。 | トップページ | 爽やかな汗と恨めしい涙 その2 なこと。 »

「育児」カテゴリの記事

コメント

パネルの前のベビーカーに乗った姫の写真のポツーン感がとてもおかしかったんですwwww

うちもパパじーじの父の日のプレゼントは釣竿です(* ̄∇ ̄*)

お外でのランチってとっても気持ちいいですよね♪
また一段と美味しいし(*´∇`*)

最後のパネルの前の姫ちゃん、とってもご機嫌ですね!!
楽しかったのかな~(*'ー'*)/

3種混合、試練だったねぇ!
あと1回が恐怖!?
父の日はいい一日になったね!
姫ちゃんも歴史好きになったら
パパと毎週通っちゃうんじゃない!?

武田信玄、流石長野!
信玄餅~~~

釣り一家なんですね~(^o^)
私の実父も釣り好きで
6月になったもんですから
鮎が届きました(^_^;)
姫ちゃんと戦国武将の写真が
なんかいい味出てますネ!

釣りが大好きな人たちばかりだしきっと姫ちゃんも魚に興味を持ってくれるでしょうね、うちも実家が魚屋なので魚好きになってほしい!

風林火山って昔から好きな言葉なんです、信玄とかはあまり分からないけどこの言葉は好き☆
だからちょっと羨ましいなあなんて思いながら読ませてもらいました。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
☆麟冬さんへ☆
ぽつん感いいでしょw
ちょうど人の流れが切れたんで急いで撮影www
大きい看板が際立ってます♪

☆のほほんママさんへ☆
竿をプレゼントでしたか^^いいですねぇ。
普段外でランチなんてしないんで、よけいに気持ちよかったです♪
こんどはマットでもひいてごろんもしたい気分でしたv(≧∇≦)v

☆さっちさんへ☆
来月最後の三種混合・・・また大泣きなんだろうなぁと思うと・・・
ま、しょーがないけどね^^;
博物館では大変お利口さんで、私もパパもびっくり!
内弁慶バンザイですな(笑)

☆masahiro様へ☆
信玄餅美味でした(☆∀☆)

☆まるさんへ☆
鮎ですかぁいいですねぇ。塩焼き!(≧∇≦)!
私もパパも釣りは好きなんで、姫にも釣りの英才教育を・・・と企んでいます(笑)

☆怜青ママさんへ☆
魚屋さんっていいですよねぇ。いろんな魚食べられるし(☆∀☆)キラーン
姫もそのうち釣りに同行予定です^^;
「風林火山」の言葉みたいにいつも冷静で余裕が欲しい今日この頃・・・

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 子供苦手なんです なこと。 | トップページ | 爽やかな汗と恨めしい涙 その2 なこと。 »